思い出のひとときに

小さな子供がいる家庭では、3時のおやつの習慣があることも多いでしょう。
子供たちはおやつが大好きで、甘い物を見つけてしまうとすぐに欲しがるものです。
幼少時に食べた美味しいおやつは、成長して大人になってからもその味はもちろん、そのときの光景を伴って鮮明に記憶が蘇るものです。
人によっておやつの記憶もそれぞれ異なり、スナック菓子やチョコレートという人もいれば、手作りのホットケーキがそうだという人もいるでしょう。
初めて自分で作ったおやつはホットケーキだったという経験がある人もかなり多いのではないでしょうか。

最近ではホットケーキのことを海外の一般的な名称と同じようにパンケーキと呼ぶことが普通になりましたが、材料や作り方は変わりません。
どこのスーパーでもミックス粉を購入できますから、大人になってからも食べたいと思えばすぐに家で焼いて食べることができます。
今でも子供たちと一緒にパンケーキを焼いて食べることは一般的かもしれませんが、ここ数年でパンケーキは専門店が急激に増え、もはや国民的スイーツとしての地位を確立していると言っても過言ではないほどの人気を集めています。

分厚いふわふわの生地は口の中でとろけそうなほどやわらかく、記憶に残る食感で食べた人の心を掴んで離しません。
家で食べるお菓子もそうですが、3時のおやつに家族で一緒に専門店で食べたパンケーキもまた、家族にとって忘れられない思い出となり何度でも記憶に蘇ってくる貴重な宝物になるでしょう。

ページトップに移動します